植物公園の今

西川園長のつぶやき その24

11/252021

11月25日

Combretum indicum(旧Quisqualis indica) シクンシが開花中。
中国南部や東南アジアに分布し、薬用植物で有名。
生薬名は使君子ですが、果実が日本で実ることは珍しい。寄生虫の駆除薬。
花は夕方、香りが強くなると言われます。
根はリューマチの薬

Bougainvillea cv. ブーゲンビレアが満開。
新しく伸びた枝に花がつくので、こまめに剪定を続け、株いっぱいに花を咲かせました。中央部に白く小さいのが花、花に見えるのは苞。

Pachystachys coccineaパキスタキス コッキネアが咲いてます。
和名はベニサンゴバナ(紅珊瑚花)。緑色の苞は目立ちませんが、緋紅色の花が鮮やかです。

水戸市植物公園 園長  西川 綾子