植物公園の今

西川園長のつぶやき その17

9/142021

9月14日

個性的な花たちを紹介しましょう。

 Ruttya fruticosa  ルッティア フルティコサ は、花の姿がウサギの耳に似ているから英名をラビットイヤー(Rabbit Ears)と言います。(画像を反転させて見てください)
  花径3cmくらいの赤橙色をしたラッパ状の花が反り返って咲き、中央部は黒い模様が入って個性的。
 東アフリカ原産のキツネノマゴ科です。

 白い小花が咲いているのは、美容院の白髪染めで利用されるヘナ Lawsonia inermis 。 ミソハギ科シコウ属 、北アフリカからインド原産です。
 髪を痛めずに白髪染めができ、葉は傷・湿疹などの治療薬とか。
 当園の株は、2007 年に日本新薬株式会社山科植物 資料館様から譲渡され、大切に育てているものです。

水戸市植物公園 園長  西川 綾子