プロの園芸ノウハウ


今回は多量に保管しているムスカリの球根を、
贅沢に使って3D植え付けを試みる。
最近、雑誌で紹介された、タワー仕立てを
トライアルガーデンを推進するアイドルの美穂ちゃんが
独自のアイデアを織り込みトライアルする。

今回のテーマ:ムスカリのタワー仕立て




図1、
先端に球根"

用意するもの


金網(ビニールでコーティングされているべっ甲金網

10号鉢使用の場合の大きさ:(80cm×80cm)


水苔、培養土、10号鉢


ムスカリ球根300個位





図2、
先端に球根"






図3、
先端に球根"






図4、
先端に球根"

製作作業


金網を円錐形に巻き、金網の先をペンチを使って結ぶ。


つなぎ目は、金網の端に縦に


針金の入った部分を使うとよい。


円錐の先端部に球根1個を入れ、


その回りに水苔を詰める。


網目から球根の芽が出るように配置する。(図1参照)


プランタースタンドに金網を吊ると作業性良好。(図2参照)


次の段には球根を2個入れ、周りに水苔を詰める。


さらに順次3、4個と球根数を増やしていく。


球根の芽が円錐の先端に向くように


網目からのぞくように詰める。


円状に並んだ球根の中央部には培養土を詰め、


棒で突付いて球根の隙間に


土がよく入るようにする。(図3参照)


円錐の先端から9分目まで球根を詰めたら、


水苔を敷き詰める。


金網の余った部分にハサミで、縦に数箇所切れ目をいれ、


金網を折って水苔を覆うように被せる。(図4参照)


図5、
先端に球根"



図6、
先端に球根"

出来上がった円錐を培養土を


入れた鉢に置く。(図5、6参照)


金網の端が、鉢の縁からはみださないように、


金網と鉢の隙間に水苔を詰める。


壮観な姿をしたムスカリタワーが完成した。(図7参照)


翌年春には、図9、10のように見事なタワーが誕生します。


図7、H15/10撮影
先端に球根"

図8、H15/12撮影

図9、H16/4撮影

図10、H16/4当園玄関前


さあ タワー仕立てに挑戦しましょう