水戸イングリシュガーデンクラブ

MEG

Mito English Garden club

Sercret Garden

in the Nanatsudo park

水戸イングリシュガーデンクラブ

2013.12.13 バラ講座

バラの冬季剪定時期に平岡先生をお迎えして,バラ講座を行いました。
今回は体がしっかりとしてきた株の剪定を中心にお話いただきました。

株がしっかりしてきたので,多少細い枝も残して花を咲かせます。
太い枝は長さを揃え,細い枝は2~3芽に短くに切り戻しておきます。
また,スタンダードでは中ぐらいの太さ枝に合わせて整えていきます。

枝を切るときには芽のある側を少し長めに残して切ります。
まだ残っている葉は柄を残して落としていきます。
ちょっとした気遣いがポイントですね。

つるバラの剪定・誘引は12月の終わりごろに行うと,枝を整理する際についた傷の治りがよいそうです。
イングリッシュローズは枝をあまり倒さなくても花が付くので,若いうちから高い位置に花を咲かせることもできるそうです。

仕上げに株の周りを軽く3ヶ所掘って肥料を埋め,表面に堆肥を混ぜていきます。

ページ上部へ戻る

水戸イングリシュガーデンクラブ