水戸 養命酒薬用ハーブ園

水戸 養命酒薬用ハーブ園は2つのエリアに分けられます。 ハーブを五感で楽しむ「ハーブガーデンエリア」と, 古くから伝わる薬草を学ぶ「江戸時代の水戸藩にまつわる薬草エリア」 から構成されています。

平成29年4月29日(土)オープン!

平成29年4月29日(土)は水戸市植物公園の開園30周年の記念日でした。 この日に合わせて,園内の薬草園を拡張整備した「水戸 養命酒薬用ハーブ園」はオープンしました。

ハーブガーデンエリア

看板は美しい石積みで作られています。 イングリッシュガーデンの伝統的な「ドライストーンウォーリング」という工法を用いています。 石もイギリスのコッツウォルズストーンを使用しています。

ハーブエリアには大きなキハダの木があり,エリアのシンボルになるとともに木陰を与えてくれます。 その周りにはウッドデッキがあり,座りながらハーブ園でゆったりと過ごせます。

江戸時代の水戸藩にまつわる薬草エリア

水戸藩は薬草と縁が深く,水戸黄門こと徳川光圀は日本最古の家庭療法の本「救民妙薬」をまとめさせ, 偕楽園と弘道館を創設した徳川斉昭の時代には,弘道館の薬園で栽培されていました。 当エリアでは,そのような水戸藩にゆかりのある薬草を中心に栽培しています。

縁取りには意外にも「瓦」を利用しています。 実は,この瓦は弘道館創建時の屋根瓦です。 東日本大震災で被災し,再利用できなくなったものを譲り受け,用いています。 かつて薬園があった弘道館の瓦が現代の公園の薬草園に,不思議な縁で巡ってくることとなりました。