植物公園の今

西川園長のつぶやき その23

11/112021

11月11日

Euphorbia pulcherrima ポインセチアは、赤い花に見える苞と、緑の葉がクリスマスカラーにピッタリ。
原産地はメキシコ山地で、園芸種は寒さに弱いので、最低温度10℃以上で管理します。
一足早く、ポインセチアで花の滝を作ってみました。クリスマス気分になれるかな?

大温室内滝の側にある岩陰で,Tacca chantrieri  ブラックキャットがまたまた咲いてきました。
コウモリの羽を広げたような部分は苞(ほう)で,小さな星型のものが花。
追肥が効いたようで花上がりがよく、4本の花が見られそう。

水戸市植物公園 園長  西川 綾子